GOOGLEサマ

包茎治療先の見つけ方

包茎を治療する際は、たいていは余分な皮を切り取ってしまう手術をすることになるでしょうが、その手術は上手な人がやらなければ、手術痕が残ってしまう恐れがあります。

 

そのため、見栄え良く手術を終わらせたいならば、包茎治療で有名な病院を選ぶようにしましょう。

 

なぜならば、手術は回数を重ねれば重ねるほど上達していくため、手術後の陰茎の縫合も回数を重ねているベテランのお医者さんに手術をしてもらったほうがいいのです。

 

そのようなお医者さんを見つけるためには口コミが一番いいのですが、身近で包茎治療の情報を共有できる人というのは、見つけるのが難しいためインターネットで見つけるようにしましょう。

 

また、病院に行ったあとは、きちんとお医者さんからどのような治療になるのかの説明を受けてください。

 

その説明で納得のいく説明を受けたのならば、その病院での治療をおすすめしますがきちんと説明をしてもらえないお医者さんに治療してもらうのは、おすすめしません。

 

あなたの陰茎を扱う手術ですので、納得のいく説明をしてもらえないのならば、術後に不満や後悔が残ってしまう恐れがありますので、セカンドオピニオンなども検討しながら、包茎治療に望んでください。

包茎治療のアフターケア

 

包茎治療は治療が完了しても、その後のアフターケアがとても重要です。

 

せっかく包茎という症状を卒業する事ができたのにも関わらず、アフターケアを怠ってしまった為に、前の状態に少しずつ戻ってしまったり、病気になってしまったら意味がありません。

 

しっかりとアフターケアを行っていただき、前の自分に戻らないようにしていただきたいと思います。

 

アフターケアに関しましては、医師の方がしっかりと説明してくれますので、要所でメモなどを取っておいた方が分からなくなった時に役立てる事ができます。

 

また最近の病院では、包茎治療が完了した後も無料で相談などを受けてくれる病院もあります。包茎治療に満足してしまって、その後のケアを怠ってしまう方がいますが、場合によっては最悪のケースになる可能性もありますので、注意してもらいたいです。

 

包茎治療が終わった後もしっかりとメンテナンスする事で、色んな事態に対応する事ができるようになります。

 

もし包茎治療のアフターケアが気になる場合には、現在の状態をしっかりと医師の方に報告していただき、その後どのような対応をすればいいのか必ず医師の方に確認するようにしてください。

 

医師の方はしっかりとその状況を見極めて、どのように対応すればいいのか教えてくれます。

包茎治療を自宅で行う

 

包茎治療なのですが、自己責任にはなりますが自宅で行う事もできます。

 

他の方に中々相談しにくい部分だと思いますので、恥ずかしかったりして積極的に行動する事ができない方もいるはずです。

 

しかし包茎をそのままにしてしまいますと、病気の原因にもなりますし、見た目も物凄く悪いので悪い事ばかりです。

 

特に病気に関しましては、清潔な状態に保つ事が困難になりますので、他の方と比べて病気になりやすい確率がとても高くなります。

 

病気になってしまいますと、激痛を伴ったりすることがとても多く、最悪の場合手術などをしなくてはいけなくなる可能性も十分にあります。

 

そんな包茎に対して、自宅で密かに行う事ができます。ただ自宅で包茎治療を行うからといって、完璧に治療する事ができるかというとそうではありません。

 

また自宅で包茎治療を行う事によって、痛みが発生したりする可能性も十分にあります。

 

ですので、自宅で包茎治療を行うには全て自己責任でお願いします。

 

自宅で包茎治療を行う事によって、かなり改善する事が出来た方もいます。

 

包茎治療を行う際には、必ず正しい知識をいくつか身に付けた後に行うようにしてください。

 

インターネットなどで調べていただければ、知識を少しずつ吸収していくことができます。

恥ずかしがらずに行って良かった包茎治療

 

男なら誰しも、一皮剥けた男になりたい。温泉旅行に行っても、プールでの着替えの時でも、タオルで前を隠さず、堂々としていたい。

 

そう思いながら、包茎治療を受けようか受けまいか、悩んでおりました。

 

私の場合、普段は皮かむりで勃起時は剥ける、いわゆる仮性包茎の状態でしたので、日常生活においては特に困ることもなかったのですが、新しい彼女ができ、そういう関係になった時、またコソコソするのも嫌だなあ、心機一転治療を受けてみようと思い立ち、早速ネットで検索してみました。

 

手術自体は大した痛みもなく、手術をしたその日のうちに帰ることもできるそうで、仮性包茎の場合は健康保険適用にならず、費用的には10万円程度とのことでありました。注意事項としては、術後1か月程度、意図的な勃起状態を避けることとセックスをしないとのことだったのですが、今のところ固定のパートナーも居ない私には全く問題なし。職場に近い専門クリニックにお願いすることにしました。

 

診察自体にも最初抵抗はあったのですが、先生や看護師さんとお話しする中で、緊張がほぐれ、もう次の週には手術をして頂きました。

 

本当に大した痛みもなくあっけなく1時間程度で手術も終了。

 

その後2週間ほどは傷口がチクチクすることもありましたが、我慢できない程ではありません。

 

クヨクヨ悩んでいるあなた、思い切って病院へ行きましょう。思っているより簡単でしたよ。

包茎治療をする為の補助アイテムの種類

 

包茎は、放って置くと菌が繁殖して感染症などになったりしますので、手術する前に自分で包茎治療を試みるのも一手です。

 

 

 

包茎には、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎の3種類がありますが、そのタイプ別に包茎治療のアイテムも違ってきますので、自分のタイプを見極める事が重要になってきます。

 

 

 

包茎治療に使うアイテムは、塗って使うもの、貼って使うもの、装着するもの、はいて使うものと様々なものが売られています。

 

自分で毎日皮を剥いて、癖をつけるのが、一番ポピュラーな手段なのですが、一日中やっている訳にもいかないので、こういった補助するアイテムを利用します。

 

仮性包茎では、貼るタイプや塗るタイプ、はくタイプ、装着するタイプなど様々なアイテムが使用可能で、自分で耐えられそうなアイテムを選ぶ事が重要です。最初は違和感を感じるでしょうが、次第に大丈夫になるものです。

 

 

 

日本人の男性のかなりの割合が、仮性包茎だと言われていますので、健康に問題が無い限り、無理に包茎治療する必要もありませんが、精神的ストレスになる場合もあります。

 

しかし、真性包茎では、使用出来るアイテムが余り存在しません、特に癒着しているタイプだと、皮を剥く事自体難しく、無理に剥いてしまうと出血したりするので、出来れば、医師に診て貰う事をお勧めします。